脱毛器NAVI,Ipse Dixit

その他の脱毛との違い

 フラッシュ脱毛(イーモリジュ・センスエピ)

 

フラッシュ脱毛は光脱毛の一種で、「医療レーザーで使う光より肌へのダメージが少ない光を用いた脱毛方法です。」なぜかというと、カメラのフラッシュのように一瞬肌にレーザー光を当てるだけですので、肌の温度が上がりすぎてひどいやけどを起こしたりということが起こりにくいのです。
また、医療レーザー脱毛では、一本の線のようなレーザー光をひとつの毛根に一点集中で当てて、毛根を焼いていきますので、長い時間がかかりますが、フラッシュは1回で広範囲を照射しますので、脱毛全体にかかる時間を大きく短縮することが可能です。
短い時間に広範囲にレーザー光を照射することで、肌へのダメージを抑えつつ、ムダ毛の脱毛時間を短縮することができるのです。
エステティシャンが用いる光脱毛、レーザー脱毛では、殆どの場合このフラッシュ脱毛を用いています。

 

 カミソリでの脱毛と家庭用脱毛器

 

カミソリでの脱毛処理は、「光とかレーザーとかよくわかんないし、美容皮膚科もエステもお金と時間ばっかりかかって嫌だ」という方が日常的に行っているムダ毛の処理方法ではないでしょうか。
一般的には、安全カミソリと言われるT型のカミソリを使用する方が多いようです。またT字のカミソリは広範囲用、I型のカミソリは顔用、Tゾーン用などに使い分けている方が多いようです。電気カミソリを購入する方も多く見られますが電気カミソリは安全のために深剃りはできない仕様ですので買って少し使ってすぐに使わなくなるという方が多いです。
メリットとしては、やはり手軽、費用が安いということがあげられます。コンビニでもドラッグストアでも購入できますし、使用するときも、お風呂に入るついでにとか、ちょっとした時間にできるのが魅力的です。
デメリットとしては、剃刀の刃を直接当ててムダ毛をカットしていきますので、当然、表皮の一部(表皮を保護する角質層)を傷つけることも多く毛根を処理しているわけではないので、ムダ毛が生えにくくなったり、生えなくなったりするわけでもなく、ムダ毛自体が黒く太くなってしまうというデメリットがあります。
なにより、「表皮を傷付けているが痛まないために気づかない」という方が多く、いつの間にか傷口から入った雑菌によりデキモノができてしまうという方が多くいらっしゃいます。
腕や足、Tゾーンなどにデキモノができてしまうととても恥ずかしい物です。

 

 毛抜きでの脱毛と家庭用脱毛器

 

毛抜きで一本一本抜いていくムダ毛の処理方法です。毛根までぬけてとっても効果的という方がいますが、むしろ表皮、皮下組織までダメージを与えることがあるので要注意です。
でも、、一本一本抜いていく行為になんだか中毒性があっていつの間にか集中しちゃう楽しさってありますよねえ。メリットとしては、やはり手軽さと費用の安さ、それに眉毛などの場合の見た目の綺麗さもあるのではないでしょうか。時間は掛かりますが、途中で毛が切れない限りは、綺麗に抜くことができるのでお顔の脱毛に関しては家庭用脱毛器をご購入頂いたみなさまも大なり小なりしているようです。
デメリットとしては、腕や足等の広範囲には向いていないこと、ワキやTゾーン等の皮脂や汚れが貯まりやすいところには向いていないことが上げられるでしょう。
一本一本抜いていくので二の腕やすねなどを集中的に行ってもあまりにも時間がかかりすぎます。また、毛根から無理やり引きぬくために、ポッカリと穴が開いたように毛穴が残ります。そこに雑菌が張り込み炎症を起こしたり、感染症を起こします。一番メジャーな症状としては吹き出物があります。最悪吹き出物くらいができていいよって言う方がいらっしゃるとしたら、吹き出物が綺麗に治ることなく、黒ずんだ傷跡として残ることが多いという事実に気づき毛抜きでの脱毛をしなくなる方も多いです。

 

 脱毛クリームで脱毛と家庭用脱毛器

 

脱毛クリームでの脱毛は、表面に出ている毛を薬品で溶かして除毛する方法です。
これは、当然肌にダメージがありますので当然、肌の弱い人や乾燥肌のhitoには全くおすすめできない方法です。
メリットとしては、毛抜きやカミソリ、フラッシュ脱毛も含めたほかの脱毛方法とは違い、脱毛するときの皮膚の痛みは殆ど無いということです。また、クリームやローションタイプのものですと広範囲に一気に塗ることができますので毛抜きの際の細かい作業のようなものはないのが特徴です。
デメリットとしては、アルカリ性の薬品を弱酸性の皮膚に塗ることになりますので、皮膚の弱い人や乾燥肌の方、またはアレルギー体質の方がひどく反応してしまうことがあります。反応としては、火傷のようなかぶれや、ぶつぶつ、鳥肌のような肌荒れなどがあります。また、毛根まで直接浸透し作用するタイプ以外のものは、毛根に作用することがありませんので、定期的な塗布が必要です。

 

 脱毛ワックス、脱毛テープと家庭用脱毛器

 

脱毛ワックスは、蜜蝋のようなものを温めてとかして塗布、その後固まったら脱毛テープ同様にムダ毛ごと引きぬく脱毛方法です。ワックスの場合は、前述したように(溶かす→塗る→固まるまで待つ)という作業がありますが、脱毛それ自体の方法は脱毛テープと大きく変わりません。
メリットとしては、広範囲の場所を一気に処理できることとカミソリ脱毛のようにシェービングクリーム等の脱毛処理前の処置が必要ないということです。それに、じ~っと集中して作業する必要がありませんのでテレビを見ながらとか雑誌を床において読みながらとか「ながら処理」ができる気軽さが長所です。
デメリットとしては、毛という細いものをテープでくっつけて引き抜くわけですから、当然粘着力の強い素材で出来ているわけです。そのため、ムダ毛と一緒に薄い表皮も剥がしてしまうことがあったり、乾燥肌の方は傷すらつけてしまうことがあります。また、一番メジャーなデメリットとしては、引き剥がすときの痛みがあります。何度も脱毛ワックスやテープで処理している人離れてしまうこともあるようですが、あくまでも「慣れ」でしかなく、粘着物を使い肌から毛を引き抜くときの刺激が避けられるものではありません。また、毛抜きでの脱毛同様、毛根や毛が抜けた毛穴はポッカリと穴が開いている状態ですので、処理後の肌ケアを怠ることはないようにしましょう。毛穴から、雑菌が侵入し、デキモノや感染症になることは少なくはありません。
ガムテープのを使ったバツゲームとは違います。見た目と痛みと結果は同じですが、違うのです!断じて違うのです!(冗談の様で本当に違います。特に衛生面が違います。)