脱毛器NAVI,Ipse Dixit

手の指の脱毛

きれいな手を目指して指の毛を脱毛している方は多いですね。
でも、指の皮膚は薄くとてもデリケート(傷みやすい)なので処理には注意をしなければいけません。
カミソリでそろうとして、細かなところが上手くいかずに切り傷を作ってしまう女性も多いです。
また、毛抜きで抜いて赤く晴れる方も多いです。

 

ここでは、ひと通りの脱毛方法とその脱毛方法のメリット・デメリットを確認していきましょう。

 

 毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックスで毛根から引きぬく

(メリット)

指の毛の数はあまり多くないですし、他の部位に比べて目で見やすいので、毛抜きで脱毛処理をする方も多いようです。費用がかからないこともありますが、やはり、手軽というのが1番のメリットではないでしょうか。

 

(デメリット)

毛抜きで脱毛するときは毛のはえている方向に引きぬくことが大切ですが、手の指の毛は意外と生えている方向がバラバラですので、無理にひっぱって埋没毛になる方が多いです。また、毛抜きなどで引っ張って脱毛するときの特徴に、毛穴が大きく開くということがあります。その毛穴から雑菌が入りやすく、もうこんないで炎症を起こす方が多くいます。

 

 カミソリで切って処理

(メリット)

T字型のカミソリですと、凹凸の激しい指を処理するときに皮膚を傷つけてしまうことが多いから、細かなところをシェービングするためのカミソリを使用する方がほとんどです。

 

(デメリット)

カミソリで指を脱毛すると、凹凸の多い表面の皮膚を細かに傷つけてしまうことが殆どです。シェービングクリームやローションを付けると軽減はできますが、指の脱毛では、カミソリという特性上どうしてもその他の脱毛法に比べてきれいな皮膚に傷をつけてしまう化膿でいがとても高いです。皮膚の傷を綺麗にケアできないと、可能したり、傷が残ったりするので注意が必要です。

 

 ノーノーヘアで処理

(メリット)

とてもスムーズに処理できる方が多くおすすめの脱毛方法です。
ノーノーヘアはサーミコン方式(熱線でムダ毛を焼き切る方法)ですのでカミソリのように剃った後がチクチクすることもありません。

 

(デメリット)

カミソリでのシェービング同様、平面ではないために、上手く処理できない方もいるようです。その際、熱い熱線に皮膚が直接触れ、やけどをすることもあるので注意が必要です。
腕や足のすねの処理がとってもスムーズに進むため、ついつい手の指でも勢いよく処理してしまうひとが多いようです。でも、手の指はとっても凹凸や起伏の激しい部位ですのでやけどをする方が多くいらっしゃいます。
殆どの場合、少しづつ、少しづつ処理していけば火傷になるような痛い思いをしなくても住みますので、落ち着いてじっくりと処理することが大切です。

 

 脱毛クリーム、除毛クリーム

(メリット)

指の脱毛に関しては、脱毛クリームや除毛クリームで処理している方も多いです。
脱毛クリームや除毛クリームを使用する際は『その部位ごとに』パッチテストを必ず行いましょう。
自分の肌に合う脱毛クリームを見つけられたらいいかもしれません。

 

(デメリット)

手の指の肌は普段の生活でも擦れることや当たることが多いので、荒れてしまったらとてもストレスです。
大切なことは、知り合いや友だちがつかてよかったからといって自分に合うということはない。ということです。
肌質は人それぞれ全く異なるものです。さらに、部位ごとにも肌質は変わりますので、部位ごとの細かなパッチテストを繰り返すことがとっても大切です。

 

 フラッシュ脱毛(イーモリジュ、センスエピ)

(メリット)

イーモリジュ、センスエピなどの最新の脱毛器は、黒い色のみに光を照射し、脱毛していくため、凹凸の多い指でもスムーズな脱毛を行うことが可能です。
毛抜きなどで処理するよりもより永久的な効果が期待できますし、火傷や傷から細菌が入ることもほとんど起こりませんので、指の脱毛方法としては強くおすすめできる方法です。

 

(デメリット)

指の皮膚は薄いので、腕や足のすねと同じような照射レベルでは「痛い」と感じることも多いので、レベル1から照射を始めることをおすすめします。