脱毛器NAVI,Ipse Dixit

Oラインの脱毛

家庭でOラインを脱毛する時は、イーモリジュやセンスエピが比較的おすすめです。
しかし、家庭用のフラッシュ脱毛器は色の黒いところに集中してレーザーを当てていく仕様ですので、他の部位に比べてIゾーンとOゾーンは危険度が上がると思ったほうがいいでしょう。

OゾーンとIゾーンだけは、高額でも医療機関に依頼するのが無難かとは思います。

OゾーンとIゾーン以外は、家庭で脱毛するのも医療機関やエステサロンで脱毛するのも結果や危険度は変わらないでしょう。

また、センスエピは、Oゾーンの処理に際して、怪我をする可能性が高い為禁止しています。

 →参考サイトセンスエピの禁止項目が載っています。

 

 毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックスで毛根から引きぬく

(メリット)

手軽で一本一本抜いていくので確実性があります。

 

(デメリット)

Oラインはデリケートゾーンですし、目で直接見ることが難しい部位ですので、毛の流れに沿った処理がとても難しいです。そのため、毛の流れを大切にする毛抜きや脱毛テープなどでは処理が難しいことが多く、気付かずに間違った方向に無理に引っ張ることで、Oラインの肌にダメージを与えてしまうことが多いです。

 

 カミソリで切って処理

(メリット)

あまり無いように思います。

 

(デメリット)

Oライン専用のシェーバーやシェービングローションを上手に使えば、ダメージは少なく抑えられます。しかし、Oゾーンは皮膚の質もとてもデリケート(繊細)な上に、目で直接見ることが難しい部位ですので表皮を削ってしまうカミソリでの処理はあまりおすすめできません。

 

ノーノーヘアで処理

ノーノーヘアで処理

 

 脱毛クリーム、除毛クリーム

(メリット)

肌の質にあったものを見つけることが出来れば良いかもしれません。

 

(デメリット)

Oゾーンは皮膚の質もとてもデリケート(繊細)ですのですし、体内に入る可能せもありますし、あなたの肌に合わない刺激の強いこれらを使うことはとても危険です。

 

 Oゾーンは皮膚の質もとてもデリケート(繊細)ですので、あなたの肌に合わない刺激の強いこれらを使うことはとても危険です。

(メリット)

可能です。これは医療機関やエステなどに行ってもレーザーやフラッシュによる脱毛が行われているように、特別に慎重に処理を行えば可能です。しかし、光は毛か肌か関係なく黒い色に作用しますのでIラインでの処理はとても慎重にしなければ、デリケートな部位が火傷などの怪我をする可能性があります。

 

(デメリット)

上記同様ですが、イーモリジュ、センスエピ、エステや医療機関での光(レーザーやフラッシュ)を使った脱毛は、光は毛か肌か関係なく黒い色に作用しますのでIラインでの処理はとても慎重にしなければ、デリケートな部位が火傷などの怪我をする可能性があります。