脱毛器NAVI,Ipse Dixit

わきの脱毛

わきのムダ毛は女性が最も気にする部分の一つではないでしょうか。
見た目だけじゃなく、汗をかくと匂いも溜まりそうだし・・・
ヨーロッパでは生えてて当然という考え方もあるようですが、日本人女性ではそうは行きません。
ここでは、ワキの脱毛方法を一通り確認しましょう。

 

 毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックスで毛根から引きぬく

(メリット)

脇の脱毛に毛抜きを使っている人は多くいます。それは、使い慣れたものであることや、手軽であること、上手く毛根から抜ければしばらく脱毛しなくてもいいという利点があるからだと思います。

 

(デメリット)

ワキは、デリケートゾーン(Iゾーン,Oゾーン,Vゾーン)と同じように汗や湿気がたまりやすいために雑菌がたまりやすい部位でもあります。そのため、毛抜きでの脱毛はおすすめできません。その理由としては、毛抜きで毛根から一気に抜いてしまうと、抜いた後の毛穴がポッカリと穴が開いたように大きく口を開いてしまい、そこに、前述した雑菌や汗が入ってしまいやすいためです。赤く腫れてしまったり、海ができてしまうことも良くあります。そうすると、傷となり黒ずみとして跡が残ってしまうことも多くあります。
また、皮膚の日田に怪我生えてしまう埋没毛になることも多いのでフラッシュ脱毛器等による脱毛よりも、リスクが高いと言えます。

 

 カミソリで切って処理

(メリット)

カミソリは腕や足の無駄毛の処理に使っている方も多いのでワキにも使用している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

(デメリット)

しかし、カミソリは凹凸の多い部位はとても苦手なので注意が必要です。
カミソリはとても鋭利なものですのでどうしても皮膚を傷つけることが多く、そこから化膿したり、なかなか治らない傷になったりします。もちろん、シェービングクリームを使用すればある程度表面の皮膚(角質等)を保護できますが、足のすねや腕などのように広い面をカミソリで剃るわけではないので、注意が必要です。

 

 ノーノーヘアで処理

(メリット)

ノーノーヘアは、『最新型のカミソリ』というイメージでいいのではないでしょうか。サーミコン方式(熱線で焼き切る方法)なので剃った後の毛もチクチクしないですし、定期的に使っているとカミソリよりも生えにくくなります。

 

(デメリット)

カミソリと同様に、ワキをノーノーヘアで処理することはとても難しいです。腕や足のすねと違い、どうしても起伏はたくさんありますし、皮はだぶつきます。ノーノーヘアは起伏の多い部位の脱毛は苦手です。なので、腕や足を処理するのと比べて圧倒的に熱を感じることが多いです。
慣れてくればワキもノーノーヘアで処理していけるようになりますが、それまでは慣れるまで火傷をしないように注意が必要です。
ノーノーヘアでワキを処理するときのポイントは、とにかくワキの凹凸を少なくすることです。壁に腕を押し付けて固定したり、床に座って椅子に腕を乗せて固定してもよいでしょう。
とにかく根気よく、肌を傷つけないように続けて慣れることが大切です。

 

 脱毛クリーム、除毛クリーム

(メリット)

カミソリで剃るときに残る短い毛(黒いのが点々のように残る)ことなく、きれいに脱毛できます。  脱毛クリームや脱毛ローションなら肌の凹凸でも関係ないですし。  

 

(デメリット)

肌に合うかどうかが一番の問題です。『肌が強い』自信がある方でも、かぶれたりしないかパッチテストを必ずしましょう。
肌に合わない場合、かぶれたり、火傷みたいになったりします。

 

 フラッシュ脱毛(イーモリジュ、センスエピ)

(メリット)

 

 

(デメリット)