脱毛器NAVI,Ipse Dixit

ランニングコストNO.1

全身脱毛や範囲の広い部分を定期的に脱毛処理する場合、ランニングコストを把握することがとても大切です。

 

 イーモリジュ

・1ショットの照射面積が1.5cm×2.9cm
・2週間おきに3ショット(トリプルショット使用時)を8回するので、
   →2cm×3cmの範囲を24ショットすることで脱毛処理が完了します。

 

・イーモリジュ 1ショット0.46円

 

なので、
イーモリジュは、1.5cm×2.9cmの範囲を脱毛するのに、24ショット×0.46円=11.04円

 

カートリッジ費用

1カートリッジ  8,000円
1カートリッジ  20,000ショット照射
1カートリッジ  1ショットあたり0.4円

 

 

 センスエピ

・1ショットの照射面積が2cm×3cm
・2週間おきの1ショットを8回するので、

   →2cm×3cmの範囲を8ショットすることで脱毛処理が完了します。

 

・センスエピ 1ショット7円

 

なので、
センスエピは、   2cm×3cmの範囲を脱毛するのに、 8ショット×7円=56円

 

カートリッジ費用

1カートリッジ  5,250円
1カートリッジ  750ショット照射
1カートリッジ  1ショットあたり7円

 

 

 ノーノーヘア

ワイドチップとスモールチップを使い分けてムダ毛を処理します。
このチップに熱線がついていて、それがムダ毛を焼き切ります。
そのため、熱線が劣化してくると交換しなければなりません。

 

消耗品であるチップ(ブレード)は、6時間毎の交換が必要です。

6時間とはどれくらいでしょうか?

 

すねでも数分~15分くらいだと考えれば、1度剃れば処理は終了ではないですし、何度も処理を繰り返すことを考えると最初に入っているチップだけだと、全身はとても無理ですね。

 

新しいチップの購入には4000円かかります。

 

剃るスピードやスイッチを消すタイミングでコスト計算がかなり変わるので、ここで計算するとあなたが購入した時の結果と大きな差異が生まれる可能性がありますので計算いたしません。

 

 

 結論

ランニングコストだけで判断するなら、イーモリジュのほうが圧倒的に安い。
センスエピに比べて5倍くらい安い。
ノーノーヘアはランニングコストの優劣の判断つかない。