脱毛器NAVI,Ipse Dixit

ELT脱毛とは

病院やエステサロンで行われる脱毛方法の一つに『ELT脱毛』があります。

これは、電気針脱毛、針脱毛、絶縁針脱毛、ニードル脱毛と呼ばれることもある脱毛方法です。

特殊な針を通して電気の熱により、”直接”毛母細胞を壊す脱毛方法です。

ELT脱毛(電気針脱毛、針脱毛、絶縁針脱毛、ニードル脱毛)により直接毛母細胞を壊すことにより、毛の再生能力を完全に壊しますので、完全に永久の脱毛が出来ると言われています。
かなり痛い場合が多いそうです。(私は怖くてできません。)

 

特殊な針を毛根一つづつに通していきますので、本数が少ない部位に適しています。

 

広範囲を効率的に処理できるフラッシュ脱毛が苦手な部位を、ELT脱毛(電気針脱毛、針脱毛、絶縁針脱毛、ニードル脱毛)で処理することをお勧めします。

 

フラッシュの家庭用脱毛器では目より上の部位とIゾーンとOゾーン、乳首は推奨されていません。
まゆ毛、IゾーンとOゾーン、乳首をELT脱毛(電気針脱毛、針脱毛、絶縁針脱毛)で合わせて使い分けることを推奨します。

 

ELT脱毛(電気針脱毛、針脱毛、絶縁針脱毛、ニードル脱毛)の施術後は、毛抜きでの処理同様に毛根の周囲が大きくダメージを負っていますので、”十分に清潔にすること”と熱によるダメージのケアとして”冷やすこと”が大切です。

 

”十分に清潔に”しないと、雑菌やウィルスが入り込み、化膿したり傷跡(黒ずみやアザ)として残ってしまうことがあります。

 

”十分に清潔に”とは、雑菌が汗と一緒に入り込まないように清浄綿や清潔なタオルなどで拭いたり、クリニックやエステサロンで推奨されるクリームやローションを使用することです。