脱毛器NAVI,Ipse Dixit

フラッシュ脱毛 vs レーザー脱毛

フラッシュとレーザーには様々な違いがあります。

 

1)照射範囲

フラッシュ

・照射面積(1.5cm×2.9cm~2cm×3cm)
・ムダ毛(50本~120本)

 

レーザー

・照射面積(0.1cm×0.1cm)
・ムダ毛(1本~10本)

 

以上からわかるように、照射面積が圧倒的に違います。
そのため、処理時間がとても違います。
フラッシュなら26発(Shot)で処理完了の部位も
レーザーの場合は、264発(Shot)必要になります。

2)1Shotの脱毛効果

フラッシュは広い範囲を照射するために、弱い出力となっています。(広い範囲を高出力で照射すると、ムダ毛以外の肌にダメージを強く与えてしまう可能性が上がるのです。)
レーザーは、狭い範囲(ムダ毛のない肌に照射することをあまり想定していない。そのため、ムダ毛のない部分以外に照射すると火傷や水ぶくれになる可能性が高い)を強い出力で照射する設定になっています。
そのため、1発(Shot)の脱毛効果は、レーザーの方が優れています。
(例)フラッシュが5回照射しなければならない時でもレーザーなら2回で済むことがある等

3)痛み

フラッシュは(カメラのフラッシュのように)ごく短時間の照射であること、出力が弱く設定してあることから、あまり痛みはありません。よく言われる痛みの強さとしては、(個人差はあるものの)輪ゴムで弾いたくらいの程度です。
レーザーの場合は、長時間の照射であること、高出力であることから、かなりの痛みが発生します。
火に一瞬近づいてもあまり熱くないように、ずっと火の近くにいるととても熱くなるように。痛みは人それぞれ感覚の違いはありますが、フラッシュのほうが圧倒的に痛いと感じることが少ないでしょう。

4)照射の失敗(毛根に当たらない)頻度

・照射の面積が違うから、圧倒的にフラッシュ優れています。
・レーザーの場合、ほんの数ミリ、照射の位置を間違えると火傷をしたり水ぶくれになることがあります。
これは、レーザーが一点集中で高出力の光を照射することで引き起こされます。
出来る限り安全に、健康な肌を傷つけないように脱毛したいのなら、フラッシュ脱毛を選択しましょう。