脱毛器NAVI,Ipse Dixit

一時脱毛とは

表面に見えているムダ毛を一時的に脱毛する脱毛法です。


表面に見えているムダ毛を一時的に脱毛する脱毛法です。
多くの場合、初期費用が安く抑えられるので、ムダ毛を気にする人がまず試してみる脱毛方法です。
毛抜き・カミソリ・脱毛テープ・脱毛ワックス・脱毛クリーム・脱毛ローション等で脱毛している方は、毛根まで引きぬいたり、薬液で溶かすことで永久的な脱毛効果を期待する方も多くいらっしゃいますが、毛根まで引き抜けることはあまりありませんし、毛根までとかせるように浸透する薬液を使用すると皮膚が炎症したり、ダメージを負う方が多くなります。
手軽であることはとてもいいことですが、一時的脱毛法により埋没毛になったり、カミソリや脱毛テープなどにより表皮に大きく傷ついたり、アルカリ性の薬液の多量使用により弱酸性の肌が大きくダメージを受けることが多いのがリスクとしてあります。
一時的脱毛法で一番新しい方法としては、「ノー!ノー!ヘア」があります。カミソリのように広範囲をサッと処理できるのに、表皮を傷つけるリスクがとても小さいのが特徴です。永久脱毛の期待はできないですが、費用も安く抑えられますし、カミソリでの脱毛を行う間隔でできるのが大きなメリットではないでしょうか。

    

(ワンポイント)

  

・処置前に大切なこと

(・ノー!ノー!ヘア・エステ脱毛・カミソリ・毛抜き・脱毛テープ・脱毛ワックス・脱毛クリーム・脱毛ローション)にはそれぞれの特性がありますが、処置時に器具から処理後の毛穴や傷ついた肌に感染症を起こすことがとても多いので使用する前に器具を清潔にしましょう(消毒、煮沸など)。
脱毛クリーム、脱毛ローションは特に個人個人の肌の性質に合うか確認することが必須です。パッチテストはご存知でしょうか?皮膚の一部に薬液をつけてどのようにどの程度反応するのかを試すテストです。
カミソリの場合、剃刀の刃が滑りやすくする(表皮を傷つけないように)シェービングクリームは欠かせないでしょう。

    

 

・処理時に大切なこと

肌の調子が悪い部分は必ず避けましょう。また、器具や薬品の種類ごとにも特性があります。例えば、・脱毛テープ・脱毛ワックスは商品ごとに毛を引き抜く方向が違います(毛に流れに沿って引き抜くのか、毛の流れとは逆に引き抜くのか)。
その器具や商品ごとにあった使用方法がありますので、しっかり確認しましょう。